小松精機工作所の技術力の根底には腕時計部品製造で培った超省エネ、
高精密部品の製造技術の遺伝子(DNA)が生き続けています。
自動車の燃費性能と環境規制対応を飛躍的に高めた電子制御噴射装置ノズル部品は
国内及び、世界所要の約30%のシェアを獲得しています。
腕時計部品メーカーから電子部品、IT機器部品、医療機器部品そして自動車部品へ
常に未来を創造し時代を生き抜く企業として成長を続けます。