企業案内

HOME > 企業案内 > 社長挨拶・企業理念

社長挨拶・企業理念

  小松精機工作所が腕時計部品の組立外注会社としてスタートしたのは、戦争の記憶もようやく薄れつつあった1953年。当時は数人の規模の「町工場」で全く手探り状態ではありましたが、それ以降の高度経済成長、そして精密工業の集積地という地の利を得、社業は順調に拡大しました。
 1970年代半ばには、組み立て工程の上流に位置する部品製造に業容を拡大し、腕時計部品の一貫製造体制(プレス金型製作〜部品組み立てまで)を具備することになりました。
 1980年代初めには新たな分野へのチャレンジとして、情報機器業界の部品製造を事業構成に加え、さらに80年代半ばからは自動車部品製造を開始。自動車技術の電子制御化という大きな波に乗り、おかげさまで事業規模は拡大。1990年代初めにはそれらの自動車部品の海外取引を開始し、国際化への実現へと漕ぎ着けました。2002年はタイへ進出。世界経済のグローバル化の荒波にも乗リ出すことができました。

 さまざまな市場変化に応じて来たその根底には、70年近く前に先達が築き、それに続く者たちが磨き上げた「腕時計技術のDNA」が受け継がれていることを私たちは決して忘れません。微弱なエネルギーを、途中損失することなくごく小さな針に伝え、正確な時を刻み続ける。この日本ならではの超微細技術が、情報機器業界でも大きな力を発揮することとなりさらには進化の激しい自動車部品業界でも極めて大きな需要に繋がることができました。

 グローバル化が進んでいるからこそ、市場はさまざまな世界情勢に左右される。そこでは、確固たる技術力と、その技を受け継いでいるチーム力が試されます。
 個性を持った人間が集まり、それぞれのミッションを帯び、チームとなって働く。それぞれの個性を活かし、認め合いながらともに難局に挑む。そこで必要なのは互いの信頼感であることはもちろん、時代の動きに迅速柔軟に対応できる情報共有のスピード感です。
 私たちは、磨き上げた技術力と、切磋琢磨を続けている確かなチーム力で、信州諏訪の地から、世界の荒波に挑み続けて参ります。

代表取締役